2011/04
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
エセ植毛というか植毛風味というか。(そのに)
というわけで、エセ植毛のご案内です。
あーだこーだしてたので製作中に写真撮っていません!
なので落書き風味の図解でお送りします。

special thanks ししょー。
ししょーがウィッグつくってなかったら、
これはやってなかったと思うのよ。

あと数体作りたいので、その時にココロにゆとりがあったら(訳:忘れてなければ)
撮影して写真と差し替えたいなと思います。
いや思っていたより知りたい方が多かったので、早めにまとめたいなって思って。
だから許して。

必要なもの
●ヘッドの後頭部 ●ウェフティング(ドールヘア)(検索すると結構でてくるはず)
●5mm程度までの穴あけができるドリドリ各種 ●瞬接 ●Gクリア


まずはですね、パテでもなんでいいので、後頭部を作ってください。多少ガタついてても構いませんし、
がっつり表面処理しなくてもいいです。
ヘット#12441;

そのあとつむじ位置に5mm程度の穴をドリドリします。
つむじ用の肝心な穴です。ウェフティングの耳が透けてしまうのも隠す目的がありますので、
でかいな穴!って思うかもしれないけど思い切って!
それから、あまりつむじ位置を下にしないほうがいいです。ここから前にもひっぱってきますから、
ここを低く設定すると無理矢理バーコードみたいな毛の流れになっちゃう。
穴あけ

ドリドリしたら生え際からウェフティングを渦巻き状に穴に向かって「貼る」
あとでお湯パーマするので、Gクリアのほうがよさげです。
(くっつきゃなんでもいいとは思います。白くなったりしなければ。)
この段階ではウェフティングの耳が透けて目立つと思います。
ちょっとハラハラするけれど次の行程へ。
うす#12441;まき

穴のフチぎりぎりまで貼ったら、残りのウェフティングはカットせずにを残して放置つつ、
穴に突っ込むつむじ用の毛を処理します

別のウエフティングをグルグルと巻いて糸で縛る。
このとき「糸で縛った部分」が5mm径にギリはまるくらいに。
縛った状態で「糸で縛った部分」をガッチリ固めます。ゼリー状瞬接などがよいかもしれん。
これは「毛があとで抜けてこないように」これでもかと固めてあげてください。
そのあとウェフティングの耳部分を切り落とします。
これは耳部分があると分厚くなってしまい、つむじ穴にたっぷり毛が入らないからです。
つむし#12441;用

カットしたらカッパ状態の可愛い娘のつむじ穴につむじ用の毛を突っ込みます
ここもGクリアや瞬接などでしっかり貼ってください。
突っ込む

突っ込んだ後、先ほどつむじ穴まわりに残していたウェフテングで、つむじ穴を狭めるつもりで
少し押さえてあげます。ちょとここコツがいるかもなので、
別に穴ギリギリで終了しちゃっても構いません
つむし#12441;しほ#12441;り

軽くまとめていたつむじ毛を開いてあげると、
お前どこのパンクスだよ!っていう妙な髪型になっていると思います
そっと優しくお湯パーマで落ち着かせてあげてください。
おゆかける

あとはお好みで前髪をカットしたり、三つ編みにしたり。
ただアップはこの手法だとできないので、
またちょっと試行錯誤してみます。
わかりづらい事などありましたら、ついったなどで@投げてみてくださいまし。
て#12441;きあか#12441;り


ヘッドやアイは原型takahashiの製作です。
そちらは相方がそのうち記事にするんじゃないかしら・・・ということでこちらでは言及しないの。まだ。


スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。